image

image

ランブルでは永年、珈琲の微粉の禍に悩み、微粉の出ない珈琲ミルを自社開発しようと考えました。そうして信州の井上製作所の協力を得て完成したのが、現在ランブルで使っているリードミルです。
このミルを使うようになって、当店ではより一層味の良いコーヒーを提供できるようになりました。
その後、これを製品化するために協力してくれる工場がなかなか見つからないという悩みが持ち上がり、製品化には大阪の富士珈機さんが協力、試作を重ね完成となりました。コーヒーマニアには干天の慈雨になることと自画自賛しています。
最高のコーヒーを微粉のため充分にエンジョイできなかった悩みを、一挙解決する時期到来と喜んでください。

※ランブルさん紹介文抜粋


image



image

*微粉が非常に少ない状態に珈琲豆を挽くことができます
*レバー上部の○印付近でモーターが回り始めます。
 その後、レバーをゆっくり右に動かしながら挽いていただくと、
 より微粉の量を抑えることができます。
*スッキリとしたキレの良いコーヒーを味わっていただくために、
 粗挽き設定となっています(粗さの調節はできません)
*一度に50gまでの珈琲豆を挽くことができます。



image

●寸法 136(W) ×164(D)×309(H)mm
●重量 6.7kg   ●容量 50g(1回当たりの挽き容量)
●電源 AC100V 50/60Hz ●消費電力 130W 2.5A